シタールの名工、メーカー、ブランド、等級、適正価格

投稿者: sitar-house 投稿日:

※下記の各ランクの詳細については、シタールのクオリティーを参照。

1980年代以降のシタールの名工

首都デリー

・Rikhi-Ram(A~AA級)
 ほとんどが企画既製品。高価。
 2000年代に代替わりした後の品質は不明です。

ヴァラナシ

・Radha-Krishna(B~A級)
 ほとんどが企画既製品。安価。
 注文制作と既製品ではほとんど質が変わりません。

ムンバイ

・マハラシュトラ州内陸のミラージの幾つかの個人製作者(B~A級)
 ミラージは、19世紀のシタールの名産地です。

コルカタ

・Kanailal(AA~AAA級)
 受注製作。高価。
 一度1990年代に店じまいしましたが、復活したようです。

・Hiren-Roy(AA~AAA級)
 受注製作。高価。
 2000年代に代替わりした後の品質は不明です。

・Hemen(AA~AAA級)
 受注製作。高価。
 シタール以上にサロードの名匠として有名でした。
 2000年代に代替わりした後の品質は不明です。

・Naskar(A~AA級)
 ほとんどが企画既製品。やや高価。
 2000年代に代替わりした後の品質は不明です。

現在の一般級ショップ

首都デリー

・Kartar(粗悪品~並級)
 ほとんどが企画既製品。安価。
 同名の名工は戦前戦中の最高の名匠でしたが、1980年代以降の同名のショップは「お土産品」レベルです。日本の民芸品店に多く入っていました。

ムンバイ

・Paloma(粗悪品~並級)
 ほとんどが企画既製品。安価。

カテゴリー: ブログ

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です